本当に必要なのか|外壁塗装で今住んでいる家をいつまでも美しい状態に保とう

外壁.net

外壁塗装の必要性を正しく理解しておくことが大切

本当に必要なのか

ローラー

見た目だけで判断しない

京都に在住の人が外壁塗装を検討するタイミングで一番多いのが、「塗装の剥がれている箇所が多くなってきたから」だそうです。もちろん塗装の剥がれなどの目に見える被害が顕著になってきたら外壁塗装を行っていく必要がありますが、見た目だけで判断するのは良くありません。外壁塗装は雨風や太陽の光から家を守るという大切な役割を果たすものですが、その効果は最大でも10数年ほどだと言われています。そのため目に見える被害がなくても塗装は劣化しているということを理解しておくことが大切です。むしろ目に見えるほど被害が大きくなってから対処するようでは遅いと考えても良いかもしれません。

防水対策が一番の目的

外壁塗装を行ううえで一番の目的となるのは「建物の防水」です。その他にも景観を整えたり、断熱を施したりという目的で行う方も多いですが、一番大切になってくるのはやはり防水の部分になります。外壁塗装を行っていくときはコーキング工事というものを行いますが、これがとても重要になります。コーキングはコーキング剤と呼ばれる防水性に優れた特殊な素材を使用して行っていきます。元々使用されている古いコーキングを剥がして新しいものに変更していくのですが、これを行うことで防水の効果をいつまでも正常に保つことができるわけです。

節約を考えるなら外壁塗装を検討しよう

外壁塗装は足場の必要な大掛かりなものです。そのため工事の費用が結構高額になることも少なくありません。だからといっていつまでも外壁工事を行わないままでいると雨漏りが多くなったり、シロアリが侵入しやすくなったりします。雨漏りを放置していて屋根が土台からダメになってしまったなんてことも少なくありません。そうなってしまうとそれらに対処する費用にプラスして、再発防止のために外壁塗装も行う必要が出てきます。余分なお金を使いたくない、節約したいと思うのであればこういった被害が発生する前に外壁塗装を行って対処していく必要があるということですね。

外壁塗装で人気が高い色

no.1

クリーム系の色

外壁塗装を行う際に最も選ばれる人気の色はクリーム系の色です。どの建物にもマッチしやすい無難なカラーで色選びで失敗する確立が低いという点が人気の理由のようです。外壁塗装は頻繁に行うものではないので、無難なカラーを好む人が多いということですね。またクリーム系の色は優しい印象もあたえてくれます。

no.2

ブラウン系の色

次にランクインしたのがブラウン系の色です。クリーム系の色は少し明るすぎると感じる人が選ぶことが多いようです。ブラウン系の色は落ち着きがあって、高級感を演出してくれます。ただしブラウン系の色を選ぶときは注意も必要です。ブラウン系の色は想像していたよりも暗い色になりすぎたという声が多い色でもあるので、ブラウン系の色を選ぶときは少し明るめのブラウンを選ぶようにするといいかもしれません。

no.3

ホワイト系の色

ホワイト系の色は常に高い人気を誇る色です。真っ白で綺麗な家は新築のようで見ていて気持ち良いもです。そのため常に人気の色となっています。ただ、ホワイト系の色は雨などによる汚れが目立ちやすいといったデメリットもあります。汚れが定着してしまってからでは落とすのが大変なので、高圧洗浄機などを使って汚れが定着する前に洗える環境を整えてあげる必要がありそうです。

広告募集中